アピール・要請・宣言

図書館問題研究会は、第68回全国大会において職員問題委員会の提起を受け、アピール「図書館法を改正して公立図書館に司書の必置を求めます」を採択しました。司書の必置及び館長の司書資格要件を明確にするため、図書館法の改正を求めるものです。

アピール「図書館法を改正して公立図書館に司書の必置を求めます」

アピール・要請・宣言

6月6日付で日本図書館協会より図書館問題研究会に「「 図書館における新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」に関するご要望について(回答)」が送付されました。 (図書館問題研究会からの要請については、こちら)

回答では、 図書館問題研究会からの要請に 対して、「 「ガイドライン」の策定・更新にあたっては,図書館の自由委員会と連携・協力しており,記載内容についても確認をお願いしています。それゆえ,図書館の自由委員会の見解と相反するものになっているとは考えておりません 」、「新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染拡大により,人命が脅かされる危険性さえある中で,人々の知る自由を保証するために図書館を開館する際の方策の一つとして,適切な意思決定に基づいて,明確な方針・内容・方法等を説明した上で,図書館が個人情報である氏名と緊急連絡先を把握することは,人命,知る自由,プライバシーのいずれをも尊重して調整する営みであると認識しております 」などとされています。

「「 図書館における新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」に関するご要望について(回答)」